Site search

タグ

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

固定ページ

女性医師も看護寮を使いたい

勤務する病院には非常に多くの看護師や医師達が勤務している。看護師不足と言われているが、本当に不足しているのだろうかと疑ってしまう。看護師が不足している原因はいくつか挙げられるが、やはり業務内容がハードな割には賃金が少ないと言う問題が原因だと思う。しかも休暇が少ないように感じるのは何故だろうか。夜勤が入れば翌日の休暇は寝て終わると言うのに。

生活リズムがバラバラだと心身共にバランスを崩す。暴飲暴食に走ったり腰や肩に負担を掛けたり何か大事なものを削って行かなければ看護師業は務まらない。安い賃金の割に合わないと不満を抱くのは致し方ない。だから早く結婚して仕事を辞めたいと考えている人も多いと思う。

看護師が不足しているのは待遇面での問題もあるが、看護師のほとんどが女性だからである。女性はとにかくやる事が多い。結婚して出産が重なれば必然的に仕事を辞めなければならない。そして女性の体力では不規則な生活は基本的に向いていないと思う。結婚もせず仕事ばかり続けていると、その内「このままでいいのだろうか」と思い悩む事が男性よりも多くて重い。女としての機能を果たさねばならないと言う本能が動くのだ。色々考えなければならない事が多い生き物だと思う。医師もどうやら状況は同じらしい。女性医師は男性医師と変わらずハードな毎日を過ごしています。当直のあとの外来なんてしょっちゅうで、におい消しにスプレーしているところを見たことがあります。女性同士ロッカールームが同じなんです。女性の研修医は特に家に帰れず、近くの看護師寮にしょっちゅう居候していると言ってました。寮は看護部の管轄で女性でもあてがってもらえないです。

看護師不足の解消が優先なのか?ドクター不足が優先か?どちらも女性をとりまく環境改善が鍵なんですね。

Write a comment